勤勉とたくみとは

Twitter @gachizei_Ki

キスマイクマモトオオイタの旅④

もう最終日です( ;  ; )

(思い出すだけで泣けてくる)

 

 

まずは横尾さんのイルカウォッチング

引き続きレンタカーで天草に向かいます〜

f:id:gachizeiKi:20170818081935j:image

天気もいい感じ!

 

f:id:gachizeiKi:20170818081954j:image

この写真は数匹のイルカだけど、すごい時は大量の群れのイルカに何回も遭遇できました!

 (`へ′)イルカ、イルカ、イルカーーーー!!

 

何隻もの船でイルカの群れを取り合いっこって感じでちょっと面白かったw撮影の時は一隻の船だったから見やすかっただろうな〜

 

f:id:gachizeiKi:20170818082004j:image

横尾さんとみっくんが乗った船!!

f:id:gachizeiKi:20170818082016j:image

f:id:gachizeiKi:20170818082029j:image

 

同じ船には乗れなかったけど、乗った船に横尾担と北山担かな〜が居て、4人してCMの真似して撮るもんだから面白かったw

 

f:id:gachizeiKi:20170819221011j:image

 

ちゃんとくまモンの船もあったよ〜!!

 

そして急いで熊本に戻り、みっくんのタイピーエンを食べに会楽園さんへ!!電話をしたら14時までに入店すれば大丈夫とのことで、13:30くらいに入店できました!滑り込みセーフ!

f:id:gachizeiKi:20170818082037j:image

f:id:gachizeiKi:20170818082046j:image

会楽園さんのツイッター通り、みつベアが置いてありました(笑)これは私のですが…(ご主人がお知り合いからいただいたそうです)

 

f:id:gachizeiKi:20170818082101j:image

奥の椅子がみっくんが座った椅子!

 

f:id:gachizeiKi:20170818082113j:image

麺が普通の麺ではなく、春雨のような感じでさっぱり食べられました!知っていた情報ではありましたが、やっぱり暑い(>_<)笑 

そんな中ファンのためにお店を開けてくださってるご夫妻に感謝!!

 

二人がCMで座ったテーブルの、奥の円卓で食べたのですが、CM撮影が終わったあと、ここで食事会をしたのだとか…CM時も食事時も同じところで食べれました〜!

f:id:gachizeiKi:20170818082130j:image

ぬいぐるみでCM再現

⊂*`∀´⊃タイピーエンでぇ〜す

⊂*`∀´⊃うまーい 

 

奥さんと色々お話したのですが、どうやら世界各国から北山担が駆けつけているよう…アラスカ、シンガポールインドネシア…と。さすが世界の北山宏光、ワールドワイドな活躍によるファンです。お店の方もびっくりしておられました。あとファンの分布にも言及を(笑)ピンクと黄色が多いから藤ヶ谷さんと玉森さんがやっぱり多いわね〜!緑の方、二階堂さん?とか今日来てらして珍しいわよね?!ってwすみません…色まで覚えていただいてありがとうございます…

 

 

最後に熊本駅でキスマイちゃんと最後のお別れをし、熊本をあとに…

f:id:gachizeiKi:20170818082140j:image

f:id:gachizeiKi:20170818082151j:image

 

長崎の時もそうだったけど、本当にタイミングに恵まれて…(乗馬は例外だけど笑)そして何より地元の方の暖かさに感謝!そして巡り会うキス担の素晴らしさ!いつも出会うキス担はいい人だらけで、ほっこり。今回も素敵な旅をありがとう!キスマイ!

また、キスマイを起用してくださったJR九州さんにも改めて感謝!ありがとうございます( ;  ; )

 

九州豪雨の復興、そして熊本地震の復興を心からお祈りしています。私たちにできることは九州に訪れること、そう改めて思いました。

 

 

キスマイクマモトオオイタの旅③

もう旅は半分終了!三日目に突入!

 

熊本駅でレンタカーを借り、千さんの人吉に向かいます。このレンタカーは2日間で取りました

 

f:id:gachizeiKi:20170818021839j:image

前日の雨で綺麗な球磨川も濁ってしまっていました…でもこの日の天気は上出来!

f:id:gachizeiKi:20170818022016j:image

船頭さんがとっても面白いおっちゃんで終始笑って下りました(笑)相棒のナイスショット!

 

f:id:gachizeiKi:20170818022354j:image

川 ΦeΦ)|1!2!1!2!

 

体験させてもらったけどほんとに難しい!

さすがプロ…

この川下りはきっともともとお客さんが来るから特に千さんのことも触れられず、受付にも特に宣伝とかはなく残念…

 

千さんが電車の橋のバックで撮ってる所は、川下りの川を上流にずーっと5分くらい行った所にありました。

f:id:gachizeiKi:20170819215609j:image

あとは電車が来るだけなんだけどなぁ〜…

タイミングが合わず橋だけのショット

 

そして人吉駅に向かうで〜!

f:id:gachizeiKi:20170818022528j:image

なかなかこのパネルが見つからなくて駅員さんに聞いたら、改札内にあるよ!入場券買えば中で流してあげるよ!と言ってくださりパネルの前で何度も流してくださり、聴き放題(笑)ありがたし…

 

本当はこの後タイピーエンの予定だったのですが、たまたま休業日に当たってしまい…そのまま人吉でお昼。

 

そして熊本に戻り、熊本城へ!!

f:id:gachizeiKi:20170818100109j:image

地震の影響で中に入れるところが全て封鎖されてました。加藤神社のところが最接近できるポイントです

f:id:gachizeiKi:20170818100119j:image

f:id:gachizeiKi:20170818100212j:image

石垣が崩れているところがたくさんあり、被害の大きさを物語っていました…

f:id:gachizeiKi:20170818100132j:image

f:id:gachizeiKi:20170818100141j:image

一つ一つ管理されてこれからはめていくみたい…すぎょい…

 

加藤神社で結納かな?してるご夫妻がいらっしゃってほっこり。

 

 

 

そしてお次はみっくんの辛子レンコン

f:id:gachizeiKi:20170818100409j:image

f:id:gachizeiKi:20170818100417j:image

 

透明の扉が閉まってしまっているのが残念。

思ってたよりも大通り沿いにあって、写真撮る時ちょっと車が気になった…(笑)

 

f:id:gachizeiKi:20170818100427j:image

かっらーいの覚悟で行ったのですが、全然!

日頃からしを使う人はたぶん普通に食べられます!これこそ、正真正銘の

⊂*`∀´⊃からうま!!

レンコンの天ぷらに辛子が少し多めについてますって感じで美味しかった!!

 

 

そしてそして、熊本駅でナイスタイミングでキスマイ新幹線!!このツアーのメインはこの新幹線とソニックだからね!

f:id:gachizeiKi:20170818100442j:image

列車ごっこしてるキスマイちゃんげろかわゆす

 

f:id:gachizeiKi:20170818100501j:image

パネルは新幹線口の中にあります

アナウンスは在来線のみ、しかも18時で終了してしまうとのことで、この日は断念。

 

はぁ〜!楽しいなぁ〜終わっちゃうなぁ〜

 

 

念願の熊本に乾杯!!

 

f:id:gachizeiKi:20170818100514j:image

(背後に見えます?私の自担)

ちなみにアザーカットもあります

f:id:gachizeiKi:20170819220348j:image

ちょっと浮気的な感じがして面白いw

(みっくんうちわの後ろに大倉うちわを潜ませてます)

 

 

キスマイクマモトオオイタの旅②

二日目!

 

まずは早朝に攻めます、たまちゃんの足湯由布院駅!!

f:id:gachizeiKi:20170818015113j:image

ほんとに駅の中にあってすごい!f:id:gachizeiKi:20170818015143j:image

入場券の料金で足湯もできて、タオルももらえます。(由布院ソーダは朝早すぎてお店開いてなくて断念…)

 

f:id:gachizeiKi:20170818015256j:image

 

ぴちゃぴちゃやったけど、電車が前を通ることがなく残念…でも足湯してたらちょうどたまちゃんアナウンス流れてラッキー!!でも時間もあまりかけてられないので、次に移動。

 

 

お次はこちら、たまちゃんが

 (’・_,’)由布岳!笑

ってやってる所!

もう時期が終わってしまったので菜の花はなかった…しかも天気…

f:id:gachizeiKi:20170818015321j:image

駅を出て右方向にずーっと進んで行くと川にぶつかり、その川沿いの土手で撮影したそうです。駅員さんが教えてくださいました!

 

二日目はまだまだ、盛りだくさん!

大分駅に戻りレンタカーを返して、熊本行きのバスに乗車して阿蘇へ向かいます。宮地駅前で下車し、そこからタクシー、そう!がやさんのエルパティオ

 

f:id:gachizeiKi:20170818015438j:image

 

この日は天気が悪く、また山の上だから余計ね…もちろん乗馬はしましたがこんな感じ…笑

f:id:gachizeiKi:20170818015925j:image

 

でも乗馬担当のお姉さんが、がやさんとみやっちが乗った馬を教えてくれました!!

f:id:gachizeiKi:20170818020037j:image

BLくん!(がやさん)

f:id:gachizeiKi:20170818020112j:image

シャレードちゃん!(みやっち)

f:id:gachizeiKi:20170818020312j:image

がやさんがパンフレットでよしよししてるルースターくん!

 

動物ともふれあいできて楽しかったなぁ

ほんとにザーザーぶりのタイミングじゃなくてよかった…ここでも日頃の行いかしらね?

 

 

また同じく、宮地駅までタクシーに乗り、熊本行きのバスに乗車!そして、阿蘇駅でちょうど休憩になったのでぱしゃり!ASO!!ってちょっと面白い(笑)

f:id:gachizeiKi:20170818020417j:image

 

そして長旅を終え、無事熊本に到着し、ホテルチェックイン。夜ご飯はあらかじめ予約しておいた…

f:id:gachizeiKi:20170818020808j:image

みっくんの馬にぎり天國さん!

f:id:gachizeiKi:20170818020723j:image

 

⊂*`∀´⊃馬にぎり〜!

⊂*`∀´⊃……ウマッ!

 

素敵な女将さんとマスターにたくさんお話を伺えました!

馬にぎりをみったんは18貫も食べたそう…それはそれは私でも食べられる美味しさでした…

 

また撮影の合間には近くの畳で、女将さんのお孫さんと習字の話を。女将さんはプレバトを見てくださってるそうで…。みっくんが小学生から習字をやっていたということも、上手ということも知ってくださっていました。お孫さんも習字をやられているそうで、みっくんが自分から話しかけていったそう!すごく気さくでいい人だったわよ〜!と女将さんが楽しそうにお話してくださいました。またマスターは手が女の子みたいに柔らかかった!って(笑)なんだか笑ってしまうそんな素敵なひと時でした。またカウンターで一緒にお話をしたがや担さんも素敵な方で、この日、すでにイルカウォッチングをされていたそうです。キスマイを好きになったきっかけを女将さんと聞いて…キス担でよかったな〜とほっこりした時間を過ごせました。

 

f:id:gachizeiKi:20170818021337j:image

 

そして帰ってホテルでKitamitsu Reversi をしてこの日は終了(チータラが見える…笑)

これは奇跡の引き分けの瞬間 

キスマイクマモトオオイタの旅①

長崎同様、行ってまいりました!

タ!!

 

さてさて今回のプランを考えてくれたのは、もうご存知相棒の朝賀です。こんな感じでプランニングしてくれました。今回は彼女に任せっきりで…私は付いて回るだけの状態(笑)ありがとう!

f:id:gachizeiKi:20170818012937j:image

お盆ということもあり、まあ飛行機も若干高め…

 

今回残念ながらにかちゃんの別府と、宮田氏日田は日程の都合上回れませんでした。やっぱり二つの県をまたぐと移動がね…。一日目にもう少し早く着いていれば別府回れたかな〜。とか、あと日田市はもう一日欲しいところ…と言ったかんじでしょうか。

 

ではでは一日目から!!!

 

まずは今回は時短という点で九州に行く手段は往復飛行機を使用しました。やっぱり新幹線だと時間がかかってしまうのでね…でも飛行機も搭乗手続きがめんどくさかったりして、どっちもどっちかもしれない…時間に余裕があるなら新幹線の方が楽なのかな〜とか思って見たり…

 f:id:gachizeiKi:20170818103011j:image

飛行機でびゅーんと福岡空港まで飛び、博多駅から運良くキスマイソニックが予約できたので、乗車!!大分に向かいまする

f:id:gachizeiKi:20170818013557j:image

 f:id:gachizeiKi:20170818013448j:image

 

 中はちょっとレトロチックで可愛かったよ〜!

f:id:gachizeiKi:20170819213749j:image

(思わず中から乗車した記念で外装の青を撮るw)

f:id:gachizeiKi:20170818103202j:image

f:id:gachizeiKi:20170818013655j:image

 

大分駅に着いたよ、ということで大分駅には改札口とは別の通路のところにパネルパラダイス!!

f:id:gachizeiKi:20170818014157j:image

もうほんとこれカワウソ(*`∀´*)二階堂高嗣って感じ

f:id:gachizeiKi:20170818014210j:image

テーマソング「Camellia」(玉森裕太ソロ曲)

f:id:gachizeiKi:20170818014219j:image

王子宮田氏〜俊哉〜

f:id:gachizeiKi:20170818014234j:image

ξ*‘ ー‘)どうも、藤ヶ谷太輔です

f:id:gachizeiKi:20170818014246j:image

箸を使わないところ、北山宏光って感じ

f:id:gachizeiKi:20170818014300j:image

わんだランド思い出すね( ;  ; )横尾さん( ;  ; )

f:id:gachizeiKi:20170818014044j:image

この千さんの笑顔すごく好きです、千賀健永の笑顔はこうでなくちゃ川 ΦeΦ)|

 

f:id:gachizeiKi:20170818014000j:image

 

通路にはこんな感じで並んでおります

f:id:gachizeiKi:20170818014441j:image

 

なんと駅前で肉フェスが開催されていて、行けない日田市の日田焼きそばが売っていたので思わず食べました!生麺を油で揚げてから炒めてるみたいで、堅焼きそばみたいな麺!美味しかった!

f:id:gachizeiKi:20170818014540j:image

 

 

さあさあ、レンタカーを借り、たまちゃんの湯平温泉へ向かいます!

 

この旅行の楽しいところ、それはできる限り同じ場所同じ時間帯に写真を撮る、ポージングも含め、パンフレットに忠実に。

 

f:id:gachizeiKi:20170818014624j:image

ここはというと…

f:id:gachizeiKi:20170818093318p:image

そうここ!!

 

f:id:gachizeiKi:20170818093334j:image

ここは…

f:id:gachizeiKi:20170818093346p:image

 (’・_,’)ゆっくり歩きたくなる町です

 

ほんとにノスタルジックな感じですごく風情のある温泉街でした〜

 

(’・_,’)もう一泊しちゃう??

 

(*`∀´*)しちゃう?

 

 (’・_,’)しちゃいますか!!!

 

 

 

北山宏光 初座長舞台 「あんちゃん 」

まだ静岡ミューコロの感想も書いてないが早急にあんちゃんの感想を書きたい、書かせてくれ

 

祝☆北山宏光主演舞台決定! - 勤勉とたくみとは

 

私はこの舞台を舐めていた。いい意味で。

ここまでメッセージ性の強い舞台だと思ってなかったのよ、なんでだろうね。

 

愛唄から4年くらい?の年月が経って、またこうしてみっくんの姿を舞台で観れるなんて思っていなかった。グローブ座の舞台上に立つ、北山宏光らしき人は、紛れもなく"凌"で、かつ"凌ちゃん"だった。でも時折見せる表情は北山宏光の時もあって。『あ、この話し方ピキラのKis-My-TVの時の話し方だ!』とか『みっくん熱込めて演じる時とか鼻にしわ寄せてやるよな〜』とか『みっくんこういう顔、するする!』と思って見てました。

 

愛唄の時の私とは、観る側も感情が違うからかもしれないけど、この4年での北山宏光の壮絶な成長っぷりを魅せつけられた気がしたな。

 

 

 

あんちゃん、本当に考えさせられる舞台だった。
私は宿題を渡された気分だったな。色んな意味で。


芦沢先生と凌ちゃんの会話の時は自分が教師っていう目線でずっと見てた。聞いてた。先生の立場に立った今だからこそ思える感情なのかなとも思ったけど、先生の良かれと思ってしてる部分って実はエゴでしかないのかなと思った。掛け算のところはいい。全然いいよ。でもお父さんの話を持ち出すところ、違う未来を選択しようってせっかくいいこと言ってるのに、お父さんのこと触れずに言ってたらだいぶ違っていたよ?教師ってこういう風に見られてるのかなってちょっとつらかったな(笑)劇だってそう。ちくわぶ可愛くてすごくよかったよ?(北山担として)だけどさ、芦沢先生よ。あそこでいくら凌ちゃんが学校来て欲しくたって、あんなに押し付けちゃダメだよ。あれでうまくいって凌ちゃんがちゃんと演じてくれたからよかったけど、あれ一歩間違えたら訴訟もんだよ?先生がいじめを助長してますってなっちゃうよ?ってすごいいろんなこと考えた(笑)

 

 

最後、お姉ちゃんたちに、悲劇のヒロインかよっていうセリフのくだり(この舞台の一番の山場)では、私はどう感じたんだろう。なんか、すごく言葉で言いづらいけど、母さんが言ってきたことをひたすら守ってきた凌ちゃんはすごく不思議なんだと思う。家でなくていいよって、高校行っていいよ部活入っていいよって言われたのにどうして、どうして自分で決めたことなのに、父さんが出て行ったせいにするんだろうって。しかもそれは遠回しに母さんのせいにしてる。お母さんはそうしていいよって言ってたのになんで、自分もそうしたかったのにそうしなかったのを父さんのせいにするんだろうって。凌ちゃんは父さんのせいにしていることは何もなかった。それは同性としてなのか末っ子ってことだからなのかわからない。けどお姉ちゃんたちが、お父さんが出て行ったことを理由にして、色々自分で決めたことすらも誰かの、何かのせいにしてるじゃんって。


私はわりと凌ちゃんと同じように生きてきたというか、親の反対押し切ってまで大学決めたし、いうことは聞いてなかったけど、何かのためにこうしたってことはあんまりないのかもね。(自分じゃあんまりよくわからないけど人から言われてそうかもって思った)

 

人の為って書いて偽りと読む。

私はおおって思ったな(笑)ここは本当に自分の感情があまりわからない。別にぐさっときたわけでもないし、そういう言い方もあるね、くらいにしか感じなかったな〜

 

 

お前は、
誰かの、
何かのせいに
してきたんだよ

 

ってずっとあんちゃんに対するセリフだと思ってたけど、これはあんちゃんがお姉ちゃんたちに向けた、お姉ちゃんたちは、お父さんのせい、家のせいにしてきたんだよって。そうやって生きてきたんだよって。そういうセリフだったんだね。

私はお母さんがあんなに謝るし、お父さんと謝り合うから、なにか理由があって家を出て行ったのかと思った。あの時。でもそれについては何も語られることがなかったからわからない。なぜ家を出て行ったのにビデオを撮り続けていたのか、ただ気になるっていう思いなだけで撮っていたのかよくわからない。簡単に子供のこと捨てられる親なんていないっていう描写としてなのかわからない。ならなんで家を出て行ったのだろう。

 

お父さんと一対一で話してる時の凌くんは本当に優しそうな目をしてた。本当のお父さんと話す時みたいに。たぶん嬉しいんだろうな。

 

家族一人一人を紹介する時の言い方も、あー確かに末っ子だからの表現か、なるほどって思ったよ相棒(突然の個人話笑)

末っ子って表現もあるし、なんかあそこは凌ちゃんが監督として表現者としての凌ちゃんをちょっと感じたかも。それぞれの家族から見た国夫を映して紹介してる所とか、アングルまでちゃんとこだわってた。

 

 

なんか一番あんちゃんが人間らしく素直に生きてて、すごく羨ましいというかいいなって思った。羨望という意味じゃなくて、すごく良いなって。そういう生き方っていいなって。

 

お母さんに、どこにも行かないでって言われて、どこにも行かないよって答える。お父さんのところに行きたいけど。ボールをギュってポケットにしまう。そんな凌ちゃん見てたら本当に心が痛くなった。片親なんて私は経験したことないから本当にわからない。でも凌ちゃんは本当にいろんなものを我慢して、決意して生きてきたんだなって。あの瞬間凌ちゃんの中のお父さんはどこか遠くの鍵付きの箱に封じ込められたんだなって。

 

お母さんがお父さん連れて帰ってきた時、凌ちゃんは「母さんが幸せならそれでいいじゃん!」って言った時、あーすごいよく考えてるなって思ったな。

 

凌ちゃんや冴ねぇ、准ねぇの立場に立って考えたりもしたけど、国夫、お父さんの気持ちってどんな気持ちだろう?お母さんどんな気持ちだろう?って考えてもみた。

 

お父さんは、まず健忘症っていう病気でなんかうやむやにされてしまっていたけど、子供達に会いたいって言った時、心のどこかで子供達に対する愛情が残ってたからじゃないのかな。あんちゃんって呼んでた気がするって、たぶんお父さん相当凌ちゃんにべったりだったんだろうな〜。あんちゃんっていう固有名詞にお父さんの脳が反応するくらい、お父さんの中の凌ちゃんは大きいものだったんだろうな。

 

お母さん、お母さんもまたこれが非常にクセが強い(笑)というか、荻野目さんの演技がそうなのかな?笑 とっても可愛らしくもあり、天然過ぎるお母さんで(笑)

 

凌ちゃんに「行かないで…」っていうお母さん、本当に苦しかった。子供を失うこと、その重さをあの一瞬で全て表現してた。子供を取り合う親が必死な理由ってこれだよね。取り合わないに越したことないけど。

 

 

あーなんかどう締めくくっていいのかよくわからない(笑)本当に考えることが多いからたぶん思い出してちょくちょく上書きしそう(笑)

 

f:id:gachizeiKi:20170724182937j:image 

とりあえず、東京公演お疲れ様でした!!ピロティでも頑張ってね!!!!次会う北山宏光はきっとアイドル全開のチャッラーい北山宏光でお願いします!!(笑)

湊かなえ リバース読了

玉森裕太出演、TBS系 金曜ドラマ リバースの原作になった、湊かなえさんのリバースを読了。

 

※ネタバレ感想注意※

あくまで、「原作を読む気は無いんだけど原作の結末を知りたいな…」「ドラマと原作の違いが知りたい(>_<)」という方は読んでいただいて構わないと思います…

 

ドラマでどんな結末を迎えるか私もさっぱり予想が付かない。

 

 

 

 

リバース (講談社文庫)

リバース (講談社文庫)

 

 

完全に玉ちゃんのドラマ出演をきっかけに読んだ。だけど何これ……面白すぎる……

 

金曜ドラマ『リバース』|TBSテレビ

 

ドラマとほぼ同時進行で第3章までは行ったんだけど、後半の怒涛さと結末への興味から一足先に犯人を突き止めてしまった…。

 

 

前半のドラマとのリンクぶりは見事。ドラマキャストを知り、見て、からの読書の想像の容易さは楽しく、いつものこと。素晴らしくあさみんがかっこいい!!!あさみーん!!!原作ではあさみんは社会の先生。そして女子生徒からのちやほやは無し。同僚の女性教師から少し気になる存在程度で扱われているけどそれくらい。

 

そしてドラマだと深瀬のどもりっぷり、ドジっぷりがフューチャーされていて、それはそれは藤原竜也さんの演技と解釈の素晴らしさ。監督や脚本家との話し合いの結果かもしれない。原作では深瀬のどもり、ドジっぷりはあまり無く、地味というレッテルに対してすごく後悔を持ってる。中学高校時代と地味で過ごし、成績が悪い奴ら、俺を空気に扱う奴らめ、と大学ではそんなこともなく同じ学力を持つ友達ができると、そんなやつらとはおさらばだと都会への大学受験に躍起になった男として描かれています。

 

そして一番の違いは広沢。ドラマでは小池徹平というザ・可愛い系男子だけど、原作では体格が良く、それ故の威圧感があるが、優しさの塊、という男…。優しさの点に関しては小池徹平の雰囲気が醸し出す柔らかさに通じる部分があるが、体格に関しては真逆。深瀬はこの、一見クラス内のカーストでは上位グループに属していそうな広沢が、優しさ故に、性格故に地味グループとつるむという点に共通点を見出し、彼こそが初めての親友だ、自分こそが彼の親友だという自負の元で、進んでいきます。(すごい偏見のある言葉しか言えないんだけどそこまで深瀬の性格はねじれてないです…)

 

私は割と実写化する前に読書して、それとキャスティングの違いを楽しんだりする人なのですが、今回は致し方なく。

昨日あたりに母から(母はドラマのみ見てます)「戸田恵梨香が怪しいんじゃない?」と言われて美穂子を怪しんでいました。

 

結論から言うと(原作上での)美穂子が脅迫文の犯人でした。美穂子は広沢の元カノ。美穂子もまた、深瀬と同じように自分の知らない広沢を求めて、大学のゼミ仲間である深瀬村井浅見谷原に接触し彼を知ろうとしました。ごく自然に接触し昔話を聞く程度で。(はじめは、浅見に広沢の親戚として接触した美穂子ですが、堅苦しい情報しか聞けないとわかり、方法を変えました。)この4人なら広沢の最期も楽しかったに違いないと確信した美穂子ですが、深瀬だけは関係を続けたいと接触をし続け、交際に至ります。(広沢から深瀬の話を聞いており、実際に接触して深瀬の人となりに好意を持つのです)ここで脅迫文が届くのですが、これはあくまで美穂子のストーカーか何かによる、ただのイタズラだったのです。ですが深瀬は、後ろめたい過去があるが故に美穂子に広沢の事件の全てを話してしまいます。広沢の飲酒の事実も…それを知った美穂子はこの事件のことを彼ら4人に忘れて欲しくはない、と考え他の3人にも脅迫文を送り、一連のものとして彼らをはっとさせたのです。そしてなぜ谷原はホームに突き落とされたかというと、その日にあった社会人野球の試合に谷原は車で来ていました。その後打ち上げがあり、車で来ているというにもかかわらず彼は飲酒をします。そして事もあろうに車で帰ろうとしたのです。それを美穂子が引き止め(彼女はこの野球チームにマネージャーとして接触していました)電車で帰宅する際に谷原は、広沢の事件を気にもしない飲酒運転に関する心無い言葉を美穂子に発し、怒り震えた美穂子が突き飛ばしたという事です。谷原は美穂子に突き飛ばされたと認識できないほど酔っ払っていたのです。

 

そしてここで気になってくる、ドラマではすごくキーとして扱われている、広沢の事故は運転ミスによる、飲酒による、ものではなく、そもそも誰かに仕組まれたものなのではないか?という点です。原作ではそもそも武田鉄矢役のジャーナリストは描かれていません。そう、そもそもそこまでこの広沢の一件の事件性はピックアップされていません。村井が、深瀬に投げかけます。浅見は広沢に家庭教師を奪われた事で根に持って車を運転させるように仕向けたのだと。でも憶測の域はでませんでした。

 

最後、美穂子の行動の事実を知り、話し、全てを知った深瀬は美穂子と和解(的な)をします。そこで美穂子は深瀬が広沢のことを綴ったノートを見たことから自分も書くといい、美穂子が知っている限りの広沢についての情報で埋めていきます。そこで深瀬は広沢の一つの情報を知りました。「広沢由樹は蕎麦アレルギーだ」これを知った深瀬は合点します。なるほど、通りであの日の昼、広沢は蕎麦を食べずにカレー屋さんへ駆け込んだのだと。深瀬がせっかく下調べしてくれた蕎麦屋を、アレルギーだと言ってしまうと、そうか、それは店を変えようと4人でカレー屋に行くことになる、と。広沢故の気遣いだったのだ。

 

美穂子と和解の話し合いは実はクローバー・コーヒーで行われていました。話合い後にはマスターにコーヒーを淹れてもらい、深瀬がマスターに勧めたハチミツコーヒーを、マスターがすっかりハマってしまったことを奥さんから知らされます。どのコーヒーにはどのハチミツが合う、という組み合わせの奥深さにすっかり魅了されたマスターは深瀬と美穂子にも勧めます。マスターが淹れてくれたエスプレッソをお湯割し、そこへマスターお勧めという、一見、茶色いハチミツを投入します。美穂子も深瀬もコーヒーに入れる前、ハチミツ自体を試食するとその茶色さと濃さゆえに、ハチミツと言われなければわからないほどカラメルソースに近い味だと感じます。このハチミツに深瀬は見覚えがありました。そう、4人で出かけた、広沢が亡くなってしまった日の昼にSAで深瀬が買ったハチミツ。そこで奥さんからこのハチミツはなんの蜜だと思うか、と問われます。あの時買った瓶のラベルには詳細は何も書いて無かったと記憶していた深瀬は、この濃さと、樹液を感じた味からリンゴの木では?と答えますが、正解は蕎麦の花と奥さんから告げられます。蕎麦の花……蕎麦……………。

 

事故直前、飲酒をしていながらも村井を迎えに行くと出て行った直前、広沢に深瀬はコーヒーを入れ、魔法瓶にこのSAで買ったハチミツと共に入れたのです。(ドラマではこのシーンは無買った気が…)

 

 

広沢を殺したのは………俺だったのか。

 

という言葉で本編が締めくくられます。

 

 

こんな終わりある?!?!?本当に最後の最後のワンシーンで自分が広沢を殺してしまったんだ、蕎麦アレルギーの発作で…と知った深瀬のその後は描かれていません。この興奮に思わず通勤中のバスで首をもたげてしまったよ……。

 

だいぶストーリーを端折ってしまいましたがドラマとの違い、結末の驚きを味わって欲しかったんだけど伝わっただろうか……。

 

村井が広沢の一件を事故ではなく事件として捉え、そして谷原がホームに突き落とされるところまでは大方原作とドラマで違いはありません。ですが原作ではその後、深瀬は有給を使い、広沢の田舎に向かい、あの、広沢について書いたノートを埋めようと幼馴染から高校時代の友人を訪ねるのです。そこで、美穂子が広沢と高校が一緒だったり、また深瀬と同じように広沢に固執した、高校時代の広沢の友人に出会ったりするのです。

 

ドラマとだいぶ後半で違ってくるような気がするので結末はおそらく違う気がします…。ドラマの中では、SAで深瀬がハチミツの小瓶を買うシーンは描かれていますが、村井を迎えにいくと別荘を出て行った広沢の手には魔法瓶はなかったことからも結末は違うでしょう。

 

ということでドラマの結末が非常に楽しみ

MUSIC COLOSSEUM に恐ろしくどハマりした

視聴を一切聞かず、欲望を無にして発売を待ち、 通常盤を聞いた北山担の感想を、まずはお届けします。完全自分用の初っぱな感想

 

お題「Kis-My-Ft2「MUSIC COLOSSEUM」レビュー」

 

相方が素晴らしいお題を作ってくれたので後付けしました川 ΦeΦ)|

 

 

 

 

Overture〜Music Colosseum〜

出だしのかっこよさ!!!!低音万歳!!そしてまさかの歌詞ある感じなのねなるほど。でもEXPLODE につながる感じがすごく好き

 

VersuS

オープニングの洋風の洒落た感じかと思いきや突然の歌詞の和風に三味線をポイントに効かせて 和洋折衷。でもジャジーな要素は忘れずおしゃれ。Do it baby担

 

いいね!

オープニングのいきなりのチャラさ

玉ソロのケリーさん、振れ幅の広いことと言ったら。これは絶対C&Rの素晴らしい曲になるであろう。キス担が大好きな自分も声出す系の歌 にかっぽい

 

レッツゴー!!

既聴の曲だけど、歌詞を改めて見ると英単語が散りばめられてることに気づく。割と。盛り上がるね〜これは。組曲見てからまた聞くと病みつきになること間違いなし

 

優しい雨

別れ話の曲の天才かよ…… 振られる男の代表かよ…。アレンジは加えてるにしろ、あの8分休符は天才。休符をも音楽とする、の代表曲に認定したい。する。させて。サビでもうちょっと音域上がるかと思ったらそのままな感じ。所々メロディの音域が裏切られる。こう動くだろうっていう音符の連なりが裏切られるの。はあ…予想できない北山先輩さすがっす。またみったんはこの曲でギター披露なのかな、やってほしい。踊ってほしいけどでもギター見たい勢からすると嬉しい。

 

One Kiss

オープニングのすっごい洋楽感。というかEDM感。これは玉森だな。確信。nylonって感じ。誰かわかって。なんか夏のおしゃれな海辺のクラブって感じ。

 

Camellia

夏のドライブソングみたいなオープニングのギターかき鳴らし。今年はこういう系で攻めるのですね、なるほど玉森さん。これはどういう形で披露するんだ?ダンス曲じゃないし、スタンドマイクで?1人でやる?

 

Baby Love

松潤がソロでやりそうなやつ(伝われ)パルクールで披露した松潤のソロ。ジャポだっけかな?ジャジーかと思いきやサビのキラキラ感。本当にサビ以外ジャジーなのにキラキラ突然出てくる。

 

キスしちゃうぞ

オープニングの千さん?!?!なにこれは千さんプロデュースのやつなの??みやっち可愛い…みやっちか千さんプロデュースだな…舞祭組の出番が多い。いや、これはみやっちだな(投げキッchuを聞いた)確信。最後みったん……死

 

Life is Beautiful〜大切なあなたへ〜

たいぴちゃんもピアノなの……?!これは結婚式の新郎が送る曲ですかね?

 

Bang! Bang! BURN!

こういうテイスト大好き。ローラーかな〜ダンスかなぁ〜振りが想像できるな。KAT-TUNでこういう曲あったよね??待ってねタイトル思い出す。だめだ思い出せない。only only your なんたら〜みたいな。わかって誰か。これは…うーんみっくん?かなぁ

 

r.a.c.e

これは千さんだわ。ダンス曲。ベース音好きそう。拍手のターンも千さんっぽい(笑)

 

Dream on

おおー??サカナクションのAoi みたい(笑)ここ2,3年アルバム最後の曲ってバイバイ的な曲多かったけど今回はわりと別れ惜しむ感じじゃないね。

 

全体的にアップテンポが多いね。北ソロ&がやソロ以外は♩=90以上って感じ。

(ちなみに北ソロのテンポは♩=74)

 

通常盤以外にも2形態出ています

 

 

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤A)

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤A)

 

 

 

こちらにはリード曲 Explode のMV、ドキュメント、そしてキスマイTVがおすすめ。(こっち舐めてたけどこれも面白い藤北に死す)

 

 

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤B)

MUSIC COLOSSEUM(DVD付)(初回生産限定盤B)

 

 

こちらには組曲 ぼくらのミュージックコロシアムというカオスな映像特典が付いております。大爆笑間違いなしです。1人でも笑います。疲れもぶっ飛びます。

 

 

はぁー楽しかったライブ楽しみだね